<   2018年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

春近し

a0205497_13535315.jpeg

今日で1月も終わり。
正月は風邪で寝正月だったので
どこか締まりのない1月になりました。
今年の冬は本当に寒い!
もう春の季語で句を作りたいのですが
思いつくのは冬の季語ばかり。


寒林の透けて朝日のあたたかき

屋根も木も真綿色なる夜半の雪

道端に残りし雪に月の照る

木の下の苔を被りて霜柱

昇る日は電柱の尖春近し


寿々子




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
by madamsora | 2018-01-31 14:16

牡蠣鍋

a0205497_09044309.jpeg
a0205497_11411872.gif
a0205497_1320583.gif




[PR]
by madamsora | 2018-01-30 09:05

雪見

a0205497_08383480.jpeg

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

More
[PR]
by madamsora | 2018-01-25 08:48

春近し



尾も立ちて長い散歩や春近し  寿々子


年が明けると、なんとなく春が近くなった気分になります。
寒さはこれからが本番だというのに何故なのでしょう。
句を作るようになると、季節を意識せずに過ごすことなど考えられませんね。

まつやま俳句ポスト365の兼題「探梅行」で「並」をいただきました。
なかなか成長できなくてちょっとため息が出てしまいますが、
それが今の私の実力ですから仕方がありませんけど。
まだまだ勉強、勉強!


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
by madamsora | 2018-01-21 22:22

女の俳句

定期購読している「ふらんす堂通信」の女の俳句のコーナーに
「恋愛」20句が掲載されていました。


雪はげし抱かれて息のつまりしこと   橋本多佳子

死なうかと囁かれしは蛍の夜   鈴木真砂女

バッタ追いぬ男を引き止めるように   池田澄子

春は曙そろそろ帰つてはくれないか   櫂 未知子





にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

a0205497_1320583.gif


More
[PR]
by madamsora | 2018-01-16 13:55

石蓴【春】



湯葉のごとテロリと上がる石蓴かな   寿々子

半ドンの父の焼き飯石蓴汁   寿々子




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

More
[PR]
by madamsora | 2018-01-13 15:34

一月【冬】

a0205497_11050655.jpeg
いちがつやくちべにぶんのからげんき

a0205497_11411872.gif
a0205497_1320583.gif



一月や日のよくあたる家ばかり   久保田万太郎



句作りを習慣化できるようにもなり
当初の目的は達成することができましたので
句の公開は不定期にすることにしました。
新年より会員になりました結社にて
引き続き精進していこうと思います。





[PR]
by madamsora | 2018-01-11 11:13

室の花【冬】

a0205497_15401124.jpeg
ちちははとはなしてみたきむろのはな


a0205497_11411872.gif
a0205497_1320583.gif

スカイツリーから東京を見下ろした時、
東京生まれの両親が見たらさぞ楽しんだことだろうと思った。
今は叶わないことではあるけれど
想像してみるだけでも楽しい気持ちになった。


室咲の花のいとしく美しく   久保田万太郎







[PR]
by madamsora | 2018-01-10 15:47

七日粥【新年】

a0205497_09022091.jpeg

ねつさがりちからめぶきてなぬかがゆ

a0205497_11411872.gif
a0205497_1320583.gif

正月三日から熱を出し
ようやく口にしたのが七草粥でした。

夏目漱石の粥を詠んだ句を思い出しました。

腸に春滴るや粥の味   夏目漱石
(はらわたにはるしたたるやかゆのあじ)


「毎日一句」がこんな形で中断させるとは思ってもみませんでしたが
今年は昨年以上に色々挑戦できたらと思います。





[PR]
by madamsora | 2018-01-09 09:04

二日【新年】

a0205497_15494773.jpeg
ことしまたきんとれはじめふつかかな
a0205497_11411872.gif
a0205497_1320583.gif

昔から一月二日から何かを始めるのは吉だそうで
元旦から張り切り過ぎないというのがいい!
投句のための句作りも始動です。


客のあと硯開きぬわが二日   石塚友二





[PR]
by madamsora | 2018-01-02 15:58

ほぼ日で綴る暮らしの中の575


by 寿々子*
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31