2017年 07月 14日 ( 1 )

再提出!!

a0205497_06061544.jpeg

 先月提出した句の添削が返ってきました。

 なんと再提出!

 そこまで酷かったかと思うと

 少し落ち込みました。

ここで毎日更新しているけれど、

果たして続けてもいいものなのだろうかと、考えてしまいました。

が、初志貫徹!ここでの更新はできる限り毎日していくつもりです。

さて、再提出となった句がこちら。

日盛りや片寄り座るバスの中

バスの中の乗客を詠んだつもりが、これでは自分が片寄って座ったと読めてしまうとの指摘。
もっと見たままを描写し、上五の季語を考える。と、いうのが指導としてありました。
思うに、もっと客観的にその場面を詠んでみることが必要だったのだなと思います。


もう一つが

梅雨明けや厨の窓の朝の音

音が漠然としているのでもっと具体的に、との指導。
音を忠実に再現することで「朝の音」を読者が共感できるということでした。
実は具体的な音を詠むことは考えたのですが、「読者に想像させる」ことが
できるかもしれないと思い、あえて「厨の窓の音」にしたのですが
少し飛び過ぎてしまったようです。
この辺の判断がまだまだです。

今月は全部で4句提出(通常は2句)しなければならなくなってしまいました。








a0205497_1320583.gif



[PR]
by madamsora | 2017-07-14 05:05 | cinque sette cinque

ほぼ日で綴る暮らしの中の575


by 寿々子*