2017年 06月 25日 ( 1 )

遠花火【夏】

a0205497_08072865.jpeg
a0205497_11411872.gif
「死なうかと囁かれしは蛍の夜」
句集を買う以前に真砂女のこの句と出会いました。
銀座は職場に近く、お昼を食べに裏道をそぞろ歩いたものです。
あの時代、あの場所に真砂女がいたのだと判った時の驚きと感激。
だから、一冊目の句集は真砂女!です。

季語に「遠花火」を選んでみました。
華やかで儚くて、でも手が届かない場所にいる彼女を思いました。
a0205497_1320583.gif


[PR]
by madamsora | 2017-06-25 08:06 | cinque sette cinque

ほぼ日で綴る暮らしの中の575


by 寿々子*